ライフティの借金と債務整理~ライフティの任意整理・個人再生・自己破産3つの注意点

ケース別に考える債務整理

ライフティは、申し込みからお金の振込まで、すべてインターネット上のやり取りで完結できる、人気の高い消費者金融ですね。

消費者金融としては中小規模になりますが、大手の金融機関では難しい柔軟な審査や、使いやすいおまとめローンなどが人気です。

ただ、ライフティを利用している方の中には、借金の金額が大きくなりすぎてしまって、現在の収入ではとても完済できない…という状況になっている方も少なくないでしょう。

ライフティで借りたお金についても、債務整理によって減額や免除を受けることは問題なくできますから、どうしても返済が難しい方は、債務整理を行うことも検討してみてください。

また、『借金の元金が1年以上減っていないどころか増えている。』

『心のなかでは今の状態で借金を完済するのは不可能だと分かっている。』

このような状態にまで陥っている場合、その借金問題を解決できる可能性はまずありません。

手遅れになるまえに借金問題の専門家へ相談を行ってください。

どこの法律事務所へ相談をしたら良いのか分からない方は、匿名で使える借金問題無料シュミレーションサイトの利用が便利で簡単です。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

ライフティの借金を債務整理する際に注意すべきこと

ライフティなどの消費者金融(大手ではない中小規模の消費者金融)を使っている方は、すでに複数社からの借入がある人が多いでしょう。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

これらの借金は債務整理(特に個人再生や自己破産といった方法)を使えばすべて減額や免除を認めてもらうことが可能です。

一方で、債務整理を行う上では生活上デメリットとなってしまうこともいくつかありますから、次のようなことを注意点として事前に理解しておいてください。

ブラックリスト登録期間について

債務整理の手続きが完了した後には、あなたは信用情報機関のブラックリストに登録されてしまいますから、5年間~10年間は新しい借入ができなくなります。

具体的には、任意再生や個人再生の方法によって債務整理した場合には5年間、自己破産の方法によって債務整理をした場合には10年間、新しくキャッシングを利用したり、クレジットカードを作ったりといったことはできません。

お給料などの収入の範囲で生活し、もし必要であれば家賃の安いアパートに移るなどの方法も取らざるを得ないケースもあります。

また、もしご自身の収入だけでは生活をしていくのが難しい状況の方は、親族などに支援を受けることを事前に相談しておくようにしましょう。

借金を作った理由によっては自己破産はできないことがある


ライフティからの借金だけでなく、多くの消費者金融からすでにたくさんの借入があるという方は、任意整理や個人再生の方法ではなく、自己破産を選択するのが適切なこともあります。

ただし、自己破産は「借金を作った理由」によっては選択できないことがあります。

具体的には、ギャンブルや浪費のためにお金を借りたというケースや、株式投資やFX投資で失敗した分を補填するためにお金を借りたというケースでは、裁判所は自己破産を認めないことがあります。

こうした場合には、個人再生や任意整理などの方法によって債務整理を選択せざるを得ません(これらは自己破産よりは借金減額の効果が小さい方法です)

自己破産を選択するべき人はどんな人?

おおまかにいって、現在の借金を5分の1程度にまで減らしてもらったとして、現在の収入で減額後の借金を3年間で返済できない場合には、自己破産を選択するのが適切です。

例えば、現在トータルで500万円の借金があるという方は、これを5分の1の金額である100万円にまで減額してもらったと仮定して、この金額を3年間(36か月間)で返済できるかどうかをシミュレーションしてみてください。

100万円を36か月間で返済したとすると、毎月の金額でおよそ3万円弱です。

この金額を毎月きっちりと返済していくのが難しいという場合には、自己破産によってすべての借金を免除してもらうのが良いでしょう。

利用期間が長い場合、過払い金の請求も忘れず行うこと

ライフティからの借金がある方の中には、すでに10年以上も借金の返済を続けているという方もひょっとしたら多いかもしれません。

そのような方の場合、過払い金が発生している可能性もありますから、借金をした当時の状況や返済の履歴などはよく確認しておきましょう。

こうした履歴がすでに紛失してしまって手元にない…という状態の方は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼して、金融機関に対して利用履歴の照会をかけてもらいましょう。

現在の残高などがはっきりわからないという状況でも、利用履歴の照会さえかければ過払い金の金額その他の情報はすべて知ることができます。

返済期間が長くなっている方は、専門家に相談のうえで債務整理の手続きを進めるようにしましょう。

どの債務整理方法を選択するべきか?の判断基準


ライフティの借金について債務整理を行うことを検討している方の中には、「債務整理をしたほうが良いのはわかっているけれど、どの債務整理の方法を選べばよいのかが分からない」という方もいらっしゃるかもしれません。

債務整理は法律で認められている借金減額の方法ですが、法律のルールというのはとにかく言葉づかいが難しくて、経験のない人には理解するのが非常に難しいですよね。

結論から言うと、「自分にどの債務整理の方法がぴったりなのかが分からない」という場合には、専門家に判断してもらうのが一番です。

というのも、債務整理は借金の一部または全部の免除を認めてもらえるという、非常に効果の大きい方法である分、デメリットになる部分もあるからです。

どの債務整理を選ぶか?によって生活への影響がまったく違ってくる

例えば、債務整理をすると一定期間はブラックリストに登録されて新しくローンを組むことが実質的に不可能になります。

このとき、同じ債務整理であっても任意整理の方法を選ぶか、自己破産の方法を選ぶかによってブラックリストの登録機関はまったく違ってくるのです(任意整理では5年間、自己破産では10年間です)

また、個人再生や自己破産といった裁判所を通して借金の減額を認めてもらう方法は、任意整理の方法と比べると手続きの進め方が非常に複雑です。

経験のない方にって、裁判所から提出を求められる書類の作成は負担が大きいと言わざるを得ません。

裁判所の手続きは平日の昼間に行われる


また、裁判所での手続きは平日の昼間しか行われませんから、日中は仕事をしているという人の場合、約束した出頭日に出席ができなくて手続きが途中で止まってしまう…というようなことも起こりかねないのです。

どの債務整理の方法を選択するべきか?はあなたの生活に非常に大きな影響を及ぼす可能性がありますから、必ず弁護士や司法書士といった法律の専門家にアドバイスをしてもらうようにしてください。

ほとんどの法律家の事務所では、初回の相談料は無料となっていますから、「債務整理をしたいけれど、何から始めたらよいのかわからない。どの債務整理の方法を選ぶかもわからない…」という状態の人は、まずは無料相談を利用してみるのがおすすめです。

まとめ


この記事では、ライフティから借りたお金の返済ができなくて困っている…という方向けに、借金の負担を軽減してもらえる債務整理の方法について説明しました。

本文でも見たように、これまでに法律実務の経験がないという方は、平日の昼間には仕事をしていて忙しいという方は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼して債務整理の手続きを進めていくのがおすすめです。

法律の専門家は、借金に苦しむあなたの生活改善を最優先に債務整理の手続きを進めてくれますから、「借金の悩みを誰にも相談できない…」と不安に感じている方は、ぜひ相談してみてください。

ライフティなどの消費者金融からのキャッシングに悩んでいた多くの人が、債務整理によって現在の生活状況を大幅に改善するきっかけつかんでいますから、あなたにとっても利用価値のある方法かもしれませんよ。



借金問題は、匿名で使える無料シュミレーションサービスが便利です。

借りている金額や住まいから、あなたに1番合う借金問題解決の専門家を無料で簡単にマッチングしてくれます。

実際に多くの人が専門家に話を聞いてもらうことで、借金問題を解決することに成功しています。

また、多くの方が口を揃えて言うのが、『こんなにあっけなく借金問題が解決するなら、1人で悩まずもっと早く相談するべきだった。』ということ。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけです。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けますし、1日も早く行動をとることが非常に重要です。

あなたの大切な人生。より良いものにする為にも今すぐに行動をすることをおすすめします。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

コメント